僧’sミュージックVol.9 三原貴嗣 「もう涙が止まらなかった」ザ・ハイロウズ 『十四才』


 

フットバッグ日本チャンピオン プロブロガー

三原貴嗣(みはらたかつぐ)さん

 

お坊さんたちに「影響を受けてきた音楽」を紹介いただく「僧’sミュージック」

今回、「僧’s音楽」に登場いただくのは、三原貴嗣さん。

三原さんは、善照寺(香川県丸亀市)住職であると同時に、日本を代表するフットバッグの選手。

フットバッグとは、足を使ってサッカーのリフティングの様に直径5cm位のバッグ(ボール)を足で操る競技で、世界中で競技大会が開かれています。

http://www.footbag.jp/

そして三原さんは、なんとフットバッグ日本チャンピオン(2012~2016)!! 昨年まで4連覇されています。

本堂建設しちゃった 建設篇1【本堂の跡地は畑に!?】

今回から建設篇に入ります!!

2015年11月に解体が終わり、12月に起工式をした。本堂建設に向けて着々と前進している。
ただ、年末年始、全く動きはない。

 

更地になっても除夜の鐘はしますよ。その準備風景。

IMG_6584.JPG
更地の日々が続く。雪が積もることも。
IMG_6736.JPG

本堂建設しちゃった 解体篇11【起工式】

更地になって約1か月後、起工式を行うことになった。
起工式とは、神事でのイメージが強いが、仏教的な表現をするならば、本堂新築の工事が始まることをご本尊に報告する喜びの行事である。そしてこれは建設業者さんが主催する行事になる。

 

起工式をいつにするか、という話になったとき、真っ先に思いついたのは、報恩講法要の日に合わせて行うということ。
報恩講とは、浄土真宗では一番大切な行事である。お参りの方も参加してもらえるし、ちょうどいいのでは!?と考えていた。

本堂建設しちゃった 解体篇10【ザ・解体ショー】

今回は写真中心でお届けします。

解体が始まって数日。まだまだ見た目に大きな変化がない。5日目でもまだ瓦の撤去。
1.jpg

 

2.JPG

 

3.JPG
そして少しずつ室内の床部分などを取り出す作業が始まった。それでも全景には大きな変化がない。
4.JPG

さらにそれから数日すると大きな重機が入ってきて「いかにも解体」という作業が始まった。

本堂建設しちゃった 解体篇9【とっても親近感】

10月半ばになるとプレハブの工事事務所を組み立てが始まった。
半日もすると全形が見えてくる。早い!でも出来上がったボックスタイプだともっと早いんだって。コスト的にこっちにしたと、現場監督。

事務所建設の様子。

IMG_6239.JPG

 

IMG_6235.JPG

続きを読む
TWITTER+SHAKAMUSIC
チケット予約はこちら
新しい記事
月別アーカイブス
エディター
とし
twitter メリシャカサイト用mixiロゴ.gif メリシャカサイト用facebookロゴ.gif

お問い合わせ
メルアド.gif