本堂建設しちゃった 鐘楼篇8【急ピッチで完成へ】

(2018年)11月後半になると、屋根の上部にも板がかぶさっていき、瓦を待つのみになってきた。

 

今回職人さんたちは下松市(うちから車で30分くらいのところ)に泊まっておられるので、あまり交流がない。

撞木(しゅもく。鐘を撞く棒)を設置しようとしたが、写真にもあるように足場の一部がちょうど撞木にかかってしまうので、微調整ができないとのことで、作業は中止に。
ということは来月の報恩講法要(ほうおんこうほうよう。浄土真宗では最も大切な行事)で建設途中でも撞けるかなーと思ってたけど、厳しい可能性が。残念!

 

手前の足場が邪魔になっている様子。
IMG_1212.JPG

本堂建設しちゃった 鐘楼篇7【サイドストーリー 工房見学と近隣寺院落慶法要】

々房見学
2018年10月8日(祝 月)、この日は佐賀県にいた。
武雄市にある建設会社の木材加工所にお邪魔するためである。

その半月ほど前から建設会社の専務さんと連絡とることがあり、やり取りしていたら
「10月の前半にうちの工房で鐘楼の切り込みをしているから見学に来ませんか?」
とお誘いがあった。本堂の時もそうだったが、刻み加工しているそれがうちのお寺に使われるのだ、と思ったらさらに愛着がわく。
他の用事もあったのでお言葉に甘えさせてもらった。

 

工房の全景。

IMG_0765.JPG

メリシャカの日。

4月8日はメリーお釈迦さま、略してメリシャカ!

 

R1012363.JPG

 

R1012358.JPG

本堂建設しちゃった 鐘楼篇6【2日で棟が上がる】

11月7日、鐘楼の周囲に足場を組む。建設していくのに足場を組まないと自分の背丈以上のところを作業することができない。
足場のパーツが運ばれてきたと思ったら2時間もしないうちに組み終わった。

 

真ん中から組み始めて・・・

IMG_1065.JPG

 

外側も組むとこんな感じ。

IMG_1070.JPG

本堂建設しちゃった 鐘楼篇5【解体〜基礎工事〜石工事】

7月16日、解体作業が始まった。 だがしかし、この日は広島県竹原市で葬儀のため1日中不在。夜帰宅すると数日前まで普通にあった旧鐘楼ほぼなくなっている!

鐘も降ろす。
解体 鐘を降ろす.JPG

鐘は倉庫へ一時保管。
鐘は奥の倉庫へ.JPG

着々と解体が進む。
着々と解体.JPG
続きを読む
TWITTER+SHAKAMUSIC
チケット予約はこちら
新しい記事
月別アーカイブス
エディター
とし
twitter メリシャカサイト用mixiロゴ.gif メリシャカサイト用facebookロゴ.gif

お問い合わせ
メルアド.gif