【告知】西本願寺「ごえんさんエキスポ」にメリシャカも登場!

12月9・10日、京都の西本願寺で開催される「ごえんさんエキスポ」にメリシャカもブースを出させていただきます!
「ごえんさんエキスポ」とは、全国各地で新しいことに挑戦し、仏法をお伝えしようとしている若手僧侶の取り組みを本願寺に集結させるという、これまでにない大規模で意欲的な企画です。
詳しくは、タビラボ そして、ごえんさんエキスポまとめ をご覧ください!!

​さて、我々メリシャカブースでは何をやるかと言いますと…
メリシャカライブ第1回にご出演くださいましたミュージシャンAKI‐RA sunrizeさんを東京よりお招きして、ハングドラムを演奏していただき、それに合わせて仏教に関する絵本を輪読していくというワークショップを行います。本願寺の白洲では大きな音がNGということでアンプラグでしっとりと演奏していただきます。


メリシャカライブ2009 本願寺聞法会館で演奏するAKI-RA sunrize

メリシャカメンバー浅野執持 文「絵ものがたり正信偈」を、音楽を聴きながら声に出して読んでみましょう。

出展ブースは魅力的・興味深いものばかりなのですが、「お寺座」「僧職男子に癒されナイト☆」「ともしえ」「ののさま」など、なんとメリシャカのメンバーが参加していたり、「school of temple」「漫才法話 アサカラザル」「グチコレ」などなどメリシャカライブでお世話になった方だったり、ご縁深い方が本当にいっぱいです。皆どこかで繋がっていますね。
​参加費も無料でどなたでも参加していただけますので、どうぞお気軽にお立ち寄りください。
今年はメリシャカライブがありませんので、12月9、10日と西本願寺ごえんさんエキスポでお会いしましょう!

≪告知≫現代版寺子屋『スクール・ナーランダ』 京都・高岡で開催決定!! (追記;申し込みフォーム開設)

京都の西本願寺と、富山の善興寺でこの冬、スペシャルで魅力的な「現代版寺子屋」が開催されます!
 
その名も「スクール・ナーランダ」。
 

 

ナーランダとは、5世紀に北インドにあった、仏教だけではなく医学、天文学、数学などを研究する世界最古の総合大学「ナーランダ僧院」からとられています。また、言葉自体には「惜しみなく」「知恵を与える場所」という意味もあるそうです。
内容も本当にその名の通りです!
 
現代各界におけるトップランナーのお話をそれぞれに伺うことができ、
川瀬慈(映像人類学者)、環ROY(ラッパー/音楽家)、高橋英之(認知科学者)、森本千絵(アートディレクター)以上、京都会場,
観山正見(天文学者)、内藤礼(美術家)、能作克治(金属鋳物メーカー)、島谷好徳(鍛金職人)以上、高岡会場,
一日一日の最後には、浄土真宗を代表する僧侶(天岸浄圓・小池秀章、太田浩史・飛鳥寛静)のコーディネートで講師陣全員でのディスカッションがあるそうです。
 
各専門分野の知見から、お互いが対話されることによって、また熱をもって聴講される参加者の場によってこそ生まれるひらめき、これからを生きていく知恵もあると思います。
 
私自身自分が対象年齢(10代〜20代)でないことを、これほど残念に思うこともそうないかもしれません。
 
正直、ここまでの講師陣に一度にお話を伺える2日間は他になかなかなく、きっと人生にとって大きな意味のある濃密な時間になるのではと想像します。
しかし、これだけの幅広く濃い内容を短期間に、一辺に咀嚼するのはほぼ不可能かとも思いますが、そこはお寺です!無限のいのちとひかりの阿弥陀さまの前なのです。この上ない安心の中で、思う存分考えたり、悩んだり、気づいていけたりできると思います。
 
ご参加された方は、どうぞアラフォーの私にどうだったか教えてくださいね!
 
(内容)

お寺で学ぶ、今と未来を生きる智慧

 

「スクール・ナーランダ」は、浄土真宗本願寺派が取り組む、これから社会に出ようとする10〜20代の方たちのための新しい学びの場です。

 

世界の未来を予測することがとても難しい時代をわたしたちは生きています。そんな時代の中、生きていく上での指標やよりどころも大きく揺らいでいます。社会や価値観の変化の中で、選択肢は多様になりましたが、ゆるがない軸を作ることは簡単ではありません。

...

科学や芸術、哲学、2,500年続く仏教 - 人類が積み重ねてきたさまざまな叡智を集め、それらを横断的に学び、双方向に対話をし、実際に体験できる場を目指す「スクール・ナーランダ」。みなさん一人一人の軸を作るための要素を、どうぞ探しに来てください。

 

-------

2016年度は、京都と富山で開催いたします。

 

◉スクール・ナーランダ Vol.1 京都
2017年2月4日(土)・5日(日) 10:00〜17:30
会場:本願寺及び伝道院
定員:60名/日
参加費:1日2,000円、2日間(両日)3,000円(いずれも昼食付き)

 

講師:天岸浄圓(浄土真宗本願寺派僧侶)、小池秀章(浄土真宗本願寺派僧侶)、川瀬慈(映像人類学者)、環ROY(ラッパー/音楽家)、高橋英之(認知科学者)、森本千絵(アートディレクター)

 

 

 

◉スクール・ナーランダ Vol.2 富山

2017年3月4日(土)・5日(日) 10:00〜17:30

会場:飛鳥山善興寺、他
定員:50名/日
参加費:1日2,000円、2日間(両日)3,000円(いずれも昼食付き)

 

講師:太田浩史(真宗大谷派僧侶)、飛鳥寛静(浄土真宗本願寺派僧侶)、観山正見(天文学者)、内藤礼(美術家)、能作克治(金属鋳物メーカー)、島谷好徳(鍛金職人)

 

*どちらも対象は、15歳〜29歳

 

問合せ&申込み先:浄土真宗本願寺派 子ども・若者ご縁づくり推進室(〒600-8501京都市下京区堀川通花屋町下ル 本願寺内)
goen@hongwanji.or.jp Tel(075)371-5181(代)  http://www.hongwanji.or.jp/

(追記)

【申込みフォームを開設しました!】

webページ上からお申し込みが可能なフォームを開設いたしましたので、どうぞご利用ください!

このFacebookページの「予約する」ボタンからもお申し込みいただけます。

...

お申し込みは先着順になっていますので、みなさまどうぞお早めに!

◎スクール・ナーランダ申込フォーム
https://docs.google.com/…/1FAIpQLSfkuVlUNcT7H7EWM3…/viewform

 

シネマ法話 12/26開催

みなさま、メリシャカ♪

クリスマスムード一色の世の中に一石を投じた?メリシャカライブから早一週間が経とうとしております。いまだにあの興奮冷めやらず、余韻に浸っております。(ライブレポはまた!)
今回はまたクリスマス後、年の瀬12/26に一風変わった法話会が開かれます!(直前でスミマセン。。)
仏教好き、映画好きな方に、朗報です!
名づけて『シネマ法話』
シネマ法話とは…
仏教の教えは聞かれる人に合わせて様々な例え話で伝えられてきました。現代での法話を研鑚している福間会があり、映画、科学や小説、音楽、時には漫画から仏法に入ってゆく法話を試みて参りました。この度は、その会の布教使が、SF、ループもの、人間ドラマ等様々なジャンルの映画を通して法話をします。見たことが無い映画でも大丈夫です。
今回の取り上げる映画は…
1.海街ダイアリー
2.ソフィーの選択
3.レスラー
4.インターステラー
5.ミッション8ミニッツ
いずれも、名作ぞろい。見た人なら語りたくなる映画ですね!これをどのように仏教と絡めてお話するのでしょうか!楽しみです。
全国の若手僧侶たちが取り組みます!
まとめは、法話の先生である福間義朝先生です!福間先生は以前メリシャカライブのトークセッションでも大変お世話になりました。
広島教専寺住職
西本願寺布教研究課程専任講師
※ご来場くださる方には、予め登録が必要ですので、よろしくお願いいたします。https://ginzasalon.tsukijihongwanji.jp/top/
会場は40名定員で、残席は少ないようですのでお早めにご予約をお願いします。

=================
シネマ法話
【日時】12月26日(月)14時〜16時
【場所】GINZAサロン
 築地本願寺サテライトテンプル 銀座SALON
 東京都中央区銀座2丁目6-4 竹中銀座ビルディング5階
  03-6263-0430(電話受付時間 10:00~17:00 <月曜日を除く>)
【銀座サロン】
https://ginzasalon.tsukijihongwanji.jp/top/
【アクセス】
https://ginzasalon.tsukijihongwanji.jp/top/access.html

銀座サロン「KOKOROアカデミー」では、仏教を身近に感じることが出来る様々な法話、講演、ワークショップがあります。
若手僧侶「ブッダde大喜利」 大來尚順「カンタン英語で浄土真宗入門」など。

各地で音楽会

東日本大震災から、3年目の3月11日が近付いてまいりました。各地で復興への願いを込めて、また震災以降の自分自身のあり方を問うイベントが行われます。その中でもお寺での音楽イベントを紹介させて頂きます。



中川敬と二階堂和美 音楽会at尾道浄泉寺本堂

開催はもう明日なのですが、ソウルフラワーユニオンの中川敬さんと、『かぐや姫の物語』主題歌を歌われた二階堂和美さんが、尾道のお寺で震災復興の支援ライブをされます。浄泉寺は『お寺でフェスタ!』を昨年開催して以来、精力的にたいへん刺激的なライブを行っておられます。
「[2011.3.11を想い。祈り。希望。]」は、東日本大震災の復興イベントとして開催されているもの。なお、今回の音楽会の収益の一部は、主催者:れいこう堂から福島県などの幼稚園保育所に定期的に送っているお米・野菜・果物など(給食やおやつ)の運賃などの経費に使用されます。



Buddhaspel チャリティコンサート
平成26年3月12日(水)18:30より築地本願寺本堂にてBuddhaspelチャリティ・コンサートが開催されます。第一部が仏教讃歌のつどいで、築地本願寺のパイプオルガンの音色と共にコーラス。特別ゲストに沢村みまとさん。
第二部には、「長い間」でお馴染のKiroroのお二人が登場されます。
仏教讃歌は仏教をモチーフとした詩に、西洋音楽を取り入れた曲がつきます。Kiroroの澄み切った歌声とともに自分の色々な思いと向き合うことができる、大切な時間となると思います。
チケット代の一部は東日本大震災の義捐金になるということです。

お寺でフェスタ!

先月24・25・26日と、尾道の浄泉寺で『お寺でフェスタ!』という仏教フェスが、備後教区(岡山県西部〜広島県東部)の青年僧侶の会、備龍会40周年を機縁として行われました。
半月が経とうとしていますが、スタッフとして関わった僕自身、未だに興奮が冷めない感じでした。


総合テーマは『お寺×アート×尾道』。

お寺に足を運ぶご縁のなかった方に、お寺に来て頂いて、お寺の魅力を開放し、何か感じて頂けたらと企画したものですが、3日間合計で2800名以上の方にご来場いただきました。

2大プロジェクトとして、1つ目は、『アートプロジェクト』。
歴史と文化あるお寺を20代の新進の芸術作家(石井七歩さん率いる旅団)の方たちが現代アートでお寺空間を演出していった。本堂に龍の絵。茶室に萌絵。座敷に多くのアート扇面。お寺自体、中をゆっくり見て回ること自体めずらしくて大好評だったが、不思議な驚きを感じていただけたようです。





そして、雅楽・聲明(プロジェクション付き)・法話・音楽ライブを合わせた総合ライブ『音聲空間』。

司会の僧侶による軽妙洒脱なトークで始まり、会員の思いを込めたオープニングムービーが流れる。


法要は、阿弥陀如来の光を讃えるお勤め。雅楽の音色と、聲明に感動して涙される方多くいらっしゃいました。VJによるプロジェクションマッピングによって、本堂が非日常の空間に転じられます。


子どもたちによる、舞楽。迦陵頻伽というお浄土に住む鳥たちを、堂々と演じ切ってくれました。本当に凛々しい姿でした。


その後の法話の時間には、姿勢を正す人もいて、僧侶の言葉に耳を傾けておられました。
「ご縁」をテーマに、「これまで法話を聞く機会がなかったが、本当に大切なことを聞かせていただきました」という感想がありました。


25日は、ハンバートハンバート。26日はハナレグミ・U-zhaanによるスペシャルライブが!
出て頂けるなんて思いもよらないアーティスト方々に、めちゃくちゃ感謝です!
お寺にマッチしている声と、絶妙なパフォーマンスにくらくらし、言葉にならないくらい鳥肌ものでした。
詩にも仏教的なものを勝手に感じてしまいました(笑)



25日音聲空間では、外でもハンバートハンバートのライブをサービスとして流し、また本堂をプロジェクションマッピング。地元から出展された露店もレベルが高く、お寺フェスを気持ちよく楽しみました。



梵鐘前には、キャンドルが!大人気でした。



子どもコーナーもあり、授乳室も用意。子ども連れの方にも楽しんで頂けたと思います!




西本願寺門前町からはるばるやってきてくれたゆるキャラ、おりんちゃん。
「おりんちゃーん!」と呼びかけると「チーン!」とおりんを鳴らして応える(笑)子どもたちの呼び声が可愛く響いていました。


参加して下さった皆様には、スペシャルグッズをプレゼント!「諸行無常ズ」さんにすばらしいオリジナルデザインを消しゴムハンコで作っていただきました!可愛いすぎます。

また、彼岸寺の吉村さんがアートプロジェクト、音聲空間共に詳しく、熱くレポートして下さいました!
お寺でフェスタ!』に行ってきた


拝、ボーズ!の桂米裕さんが、企画・演出について感想を書いて下さいました!
お寺でフェスタ!考()()(

どちらも宗派の違うお坊さん(備龍会は浄土真宗なので)が感想を書いて下さって、興味深く、とても嬉しかったです。どうもありがとうございました!
新宿ロフトプラスワンでの「拝、ボーズin歌舞伎町」も超お薦めです!


最後に、1年以上前から準備してきた「お寺でフェスタ!」予想以上の反響をいただき、毎年行ってほしいというご意見を本当にたくさんもらい、感無量です。北は秋田県から、南は大分県から、尾道に来ていただきました。
スタッフはほぼ若手僧侶で、手作りで行いました。たくさんのご縁ある方にいっぱい御無理をいって、お手伝いいただきました。
この「お寺でフェスタ!」に参加できたこと、僕にとって大きな糧になりました。次はメリシャカLIVE!!
被災地から来られた方が感想として、「あれから、一番嬉しい日になりました。ありがとうございます」と言って下さいました。こちらの方が本当にありがとうございますとお伝えしたかったです。

このご縁が、また皆さまにとって、お寺に足を運ぶ、仏教に関心を持つ、尊いご縁となりますように。
本当にありがとうございました!
TWITTER+SHAKAMUSIC
チケット予約はこちら
新しい記事
月別アーカイブス
エディター
とし
twitter メリシャカサイト用mixiロゴ.gif メリシャカサイト用facebookロゴ.gif

お問い合わせ
メルアド.gif