独身のギモン への返信?


○結婚と恋愛、違うものだといいますが、実際違いますか?違うとすれば、どこが違いますか?

「あまり変わりません」とは僕の意見です。
「いや、違うよ」とは彼女の意見です。るるさんの文章を読んでうんうん納得しておりました。
私としてはやはり恋愛の延長線上に結婚があり、自分のおかれる立場も状況もあまり変わらないので違わないと思ってしまうものです。
出あってまだ1年とそこらですし、結婚してももう少し恋愛の期間があってもと思うのは、、僕のほうだけか!?


●どんな時にこの人と結婚してよかったと思いますか?

僕がぼーっとしているもので、僕の気付かないところに目が向いてくれることが有難いことです。
また、特にお互いに仏教に関心があるので、日常のできごとを仏教フィルターを通して見て、考えて、話し合えるのが嬉しいです。それがお説教(法話)の題材になることも多いのです。


○よく結婚は「忍耐」というけど、結婚してここは辛い、苦労する、ということはありますか?

ありません。いいことばっかりです。僕は。
ただ、彼女はきっと大変だと思います。遠い福井の地から岡山に来て、方言、習慣、食べるものなどが色々と違い、お寺なので覚えなければならない人間関係が一気に増えると言うのは、僕には分かることのできない苦労があると思います。フォローしていかないとと思います。


●結婚して一緒に生活するということの魅力はなんですか?

前回でも書いたのですが、僕は本当にうつうつと屈折した青春期を送ってきました。
何故かといいましたら、モテなかったからです。

クリスマスが近づきますと、僧侶が言うのもなんなのですが、イルミネーションの中のカップルたちに向かって呪いの歌を歌っていました。
♪街はイルミネーション
 君はイリュージョン
 天使のようなほほえみ
 ふたりでケンタッキー食べて
 お腹を壊せば良いな

分かり合える人なんていない、分かり合えると思うのは錯覚だと、深く打ちひしがれることもありました。

結婚して思うのです。この人と生涯分かり合えることはないかもしれない、と。
分かったつもりでいても、そうは問屋がおろさない。女心は複雑なのですね。

誰にも見られることのない胸のうちをお互いに抱えながらも生活することができる、それが結婚なのかもしれません。

彼女のお父さんが僕に仰ったことは、「結婚は賭けだ」ということです。
「はらたいらさんに全部!」とは、古い譬えですが、分かり合えぬままにも、日常の中に喜びを感じつつ、大いに賭けを楽しんでいきたいものです。

PS、キッスィさん、ケンユウさん結婚はそれでもけっこう良いものですよ。その際に、おまけびとはいつでも待機しております。

独身のギモン への返信?

うちは結婚4年目になります。
子どもが先日1歳を迎えました。そんな私のお答え・・・・

●結婚と恋愛、違うものだといいますが、実際違いますか?違うとすれば、どこが違いますか?


全然違います。いや、違いました。
いやいや、違ってきます、ですね。

としさんもおっしゃっているように、恋愛感情がなければ結婚するのは難しいと思います。
でも、ただ一緒にいたいとか予想外に子どもを授かったからとか、そういう理由だけではそれも少し難しいんじゃないかと思うのです。

それはなぜかというと、結婚って生活だからです。

食べ物の好みが違っても恋愛はできますが、結婚するとちょっとめんどくさいことになります。
信じる宗教が違っても恋愛はできますが、結婚するとなるとちょっとためらったりします。
金銭感覚が違っても恋愛はできますが、結婚すると苦労します。

要は、価値観の問題ですね。
お寺の後継を考えると結婚に踏み切れない、ということと同じかもしれませんね。

好きじゃなきゃ結婚できないけど、好きってだけじゃ結婚できない…
「何があってもこの人と暮らしていこう」という覚悟の問題かと思います。

うちの母はこう言ってました。
でも、“その時”は「そんな細かいことはどうでもいい!!この人と一緒にいたい!!」って思えるのよね〜
それが若さであり恋愛のパワーよね〜と。

恋愛はふたりでするものですが、結婚は多くの場合、その他多数のひとたちが関わってするもの。
子どもを授かろうと思えば、さらに複雑になっていくもの。
だけど、深く進化していくようです。

先日、新聞に結婚と聞いて何を連想しますか?というアンケートが載っていました。
50代の女性の答えが一番気に入ったのでご紹介。
「鍋物」
最初は素材の味だけであっさりだけど、いろいろな物を加えることで濃くなっていく。
人としての経験が加わり、少しずつ人間として濃くなっていく。
子どもが独立すれば、“好みのもの”を入れて楽しめます。

さしずめ、恋愛は、甘いチョコレートのようなものでしょうか。
エネルギー源になったりほっと癒されたりするけど、食べ過ぎるとよくないもんね。


●どんな時にこの人と結婚してよかったと思いますか?

大事なところがわかりあえた時。ですね。
ニュースを見ていてとか、仕事でこんなことが問題になってね、とか話をすると、
同じ感想を持ったり、背中を押してくれたりします。
そういう時には、この人が伴侶でよかったと思います。

最近、子どもが朝起きた時に「うわーいい天気やね〜おひさまキラキラやで〜おひさまキラキラありがとーって言いや〜!
ぼくも元気です〜おひさまおはよーって」
と言ってるのを聞いた時、なんかすごーく感動しました。
この人が子どもの父親でよかった、と思ってさ。照。


●よく結婚は「忍耐」というけど、結婚してここは辛い、苦労する、ということはありますか?

ケンカしたときは辛いですよ〜逃げようがありませんから。笑。
うちはお互い負けず嫌いなので、正面衝突するとキツイです。

でも、他人と生活するってことで自分自身が気づいたり反省したり感謝したり・・・
自分だけの人生では経験できないことをさせてもらえるんだと思います。
そういう意味では忍耐かもしれないけど、それができるようになるのって、たぶんいいことなんじゃないかな。と。


●結婚して一緒に生活するということの魅力はなんですか?

重複しますが、たったひとりでは経験できないことを、味わうことができるってことでしょうね。
楽しいことばっかりじゃないけど、だからこそ楽しいんだと思うし。
守るべきものがあるってことや、守られているって思うことは、私の生き方の支えになる。
最終的に、一番大事なものが揺るがないってことだけで、強くなれる気がします。

家族が増えていくと、さらに家族のありようが変化していくので、毎日が繰り返しのようで全く違う新しいものであるというのも、魅力かもしれません。


しかし…この記事を書いている真っ最中に何度目かのけっこうな大きなケンカをしました…。
結局、私の気持ちの持ちようや表わし方が、家族の雰囲気に大きく影響するのです。

自分が自分が、、と思っていると、相手を責めたくなる。。
相手のことをまず慮ってみようと心がけると、言い方が変わってくる。
心がけ、というのは他人に強要されるものではないので、やっぱり結局は、「私」のあり方が問題なのだな。

こうやって、自分のことを顧みるチャンスを与えてもらえる環境に感謝します…
ダンナさまも、1歳になったわが子も、メリシャカのご縁も、本当にありがとう!!

そんな感謝の気持ちをお答えに付け加えたいと思います。

独身のギモン への返信?

結婚歴1年と数か月。
まだヨチヨチ歩きですが、独身への疑問に返信させてもらいます。
先に、環境によって考え方は大きく違ってくると思うので、ぼくの現在の状況を記しておくと、
妻、母、弟の4人でお寺暮らし。最近、子を授かったので、現在妻子は里帰り中。もうすぐ5人暮らしになります。




○結婚と恋愛、違うものだといいますが、実際違いますか?違うとすれば、どこが違いますか?

「恋愛」はふたりだけの世界で、「結婚」は家族や親族をはじめ、様々な人間関係の中に入っていく感じがします。そういう意味では、恋愛と結婚は別物だと思いますが、一方で、恋愛感情がなければ結婚を考えられないというのが、現代においては一般的ですよね。ぼくもそうでした。
その面から見ると、恋愛と結婚は同じだとも思います。正確に言うと、恋愛の先に結婚がある、ですね。ただ、恋愛感情は一定したものではないので、好きな時もあれば嫌いな時もある。結婚は、それを超えたところにあると考えています。

一昔前の話をおじいちゃんやおばあちゃんに聞いてみると、当時の結婚は家と家の結婚という考え方が強く、当事者のふたりは親の意向に従って結ばれる場合が多かったようです。

結婚当日に初めて顔を合わすという話も多々あって、ある方は、結婚式の当日に嫁ぎ先の村へ初めて行き、住所は知らされているけどハッキリとは家の場所がわからないので、道行く人に「○○さんの家はどこですか?」と聞いたそうです。教えてもらったとおりに道を行き、ようやくその家へ到着すると、旦那になる人はすれ違いであなたを迎えに行ったといいます。しばらく待っていると、玄関からガラッと戸の開く音がしました。そこに立っていたのは、さっき道を教えてくれた人でした。
そうです。その人が結婚相手だったのです。

当時の結婚は、恋愛感情云々ではないだけに、別れるという選択肢はなくて、実家に帰れば追い返されるという時代。現代の感覚からはなかなか想像しがたいことですが、ある意味、そういう結婚も道筋がハッキリしていていいようにも思います。恋愛感情だけの結婚では、どこかで息切れするんじゃないかな、と思っています。




●どんな時にこの人と結婚してよかったと思いますか?

一緒に笑える時や一緒に悲しむ時。ひとりじゃないことがうれしいです。




○よく結婚は「忍耐」というけど、結婚してここは辛い、苦労する、ということはありますか?

常に一緒にいると、当然ぶつかることもあるので、互いにムスッとした時はしんどいです。
妻の苦労は我が苦労、家族の苦労も我が苦労。逆もしかり。みんな連動しているので、不協和音を起こした時が忍耐期でしょうか。




●結婚して一緒に生活するということの魅力はなんですか?

ぼくの場合は独身生活が長かったほうなので、ひとりで気ままは続けられないと強く感じました。
重複になるけど、うれしいことがあれば、ひとりよりふたりのほうが何倍にもなるし、悲しい時は悲しさが少しは和らぐことでしょうか。それと、家庭を築いていく中で、自分にとってのベースが出来ることも魅力です。また、「自分のために」というのはなかなか持続するのは難しいけど、「妻のために、子のために」という大名目が与えられることは、大きな遣り甲斐に繋がります。大切な誰かのために、というのは、深くみると、自分のためですから。


なんて偉そうなことを書きましたが、子育て期間にも入っていない甘ちゃんの言うことなので、適当に聞き流してくださいね。もし来年同じ質問に応えたら、全く違うことを言っているのかもしれません(笑)。




お次は、メリシャカでは結婚歴の一番長いるるさんよろしく〜。

結婚ラッシュの波に乗り切れていない。

結婚ラッシュの波に乗り切れていない。

花の独身キッスィです。三十路超えて花なんて言ってる場合ではありません・・・。リアルに崖っぷちのキッスィです。
最初に言っておきます。結婚観というより、愚痴です。


ここ数年、もうそれはそれは結婚・出産ラッシュ。
年賀状に「家族増えました」とか「二人になって初めての正月です」。

正直、もう見飽きました(関係者の方ごめんね)。

4月から披露宴5つ、結婚パーティ2つ。お祝い貧乏とは僕のことです。これからもあといくつかある予定。


で、まわりが結婚していくのを見ながら、「人は人。僕は僕。結婚したい時が適齢期。」と言ってはいろんなところからツッコミにのらりくらりとかわしてます。
この前なんて、母親から「ずっと京都いるのにまったくものにならないんではねぇ・・・」なんてイヤミ言われましたよ。さくっとスルーしましたけどね。



「諦」はあきらめる=明らかに見る。るるさんも書いてますが、それは僕も同じ。ただ、独身の僕は相手に対してとか、子供に対してとかではない。今の自分に対して・・・。

ほぼ結婚は諦めかけている。モテナイことが明らかに見えてくる。そんな現実。

今は好きな時に好きなものを食べて、飲みに行きたい時に飲みに行く。
そんなことをしている僕には自由がなくなり、制限されることが全く想像つかないんです。

おそらく、おそらくですよ。その制限されることが幸せだったり、楽しさ・安らぎを感じれる、そんな相手だったら結婚したいはずなんです。
でもまだそのような方に出会ってないから、結婚なんてのはな、墓場なんだ。我慢と試練の日々なんだ。と決めつけてしまっているんでしょうな。

人間てのは1つの側面からしか見ることができない悲しい生き物ですね。その代表がこのキッスィかもしれません。
こんなこと言っておきながら深層心理では結婚したがってるはずです。結婚に無関心というよりは「墓場でしょ」とか言って反発してますから。
反発ということは、それがいつしかさらに180度反発して結婚サイコーてことにもなる可能性も秘めているわけです。

ま、それはいつになることやら。



この場を借りて誤りたいことがあります。結婚間近だったFくん。結婚が近いとはつゆ知らず「結婚ってさー、人生の墓場でしょ!」と言ってドン引きさせたらしいですね。

あれはホンマごめんなさい。反省してます。

独身のギモン

どもども、メリシャカ独身代表ケンユウ&キッスィでーす。
せっかく結婚観、ってことでそれぞれの思いを語っているので、ここらで結婚を夢見る独身者から、すでにご結婚されたメンバーに、質問をしてみたい、と思います。

まずは、

○結婚と恋愛、違うものだといいますが、実際違いますか?違うとすれば、どこが違いますか?

恋愛と結婚は別物と言ったり、延長線上にあるものと言ったり、色々な意見あるかと思いますが、実際結婚された方は、どう思っているのか、教えていただけると嬉しいです。



お次は、

●どんな時にこの人と結婚してよかったと思いますか?

未婚の我々からすれば、結婚そのものがいいじゃないか!と思ったりもしますが、さらに、実際の生活で、ああ、この人と結婚してよかった。なんてことがあれば、ガンガンのろけてください(笑)



三つ目は、

○よく結婚は「忍耐」というけど、結婚してここは辛い、苦労する、ということはありますか?

未婚の我々としては、どうしてもスウィートな結婚生活を妄想しちゃったりなんかしがちですが、現実はそうでもないとか… 
楽しいこともあれば、辛いこともある。結婚して、一緒に生活するなかでこういう部分が辛い、苦労するということがあれば参考までにお願いします。



そして最後に。

●結婚して一緒に生活するということの魅力はなんですか?
今まで違う道を歩んできた二人が一緒に生活を共にするという結婚。
この結婚の、一番の魅力というか、こういうことがあるから結婚は素晴らしいんだ、という、結婚自体の魅力について、教えてください。

と、こんな感じですかね?
るるさん、としさん、チスイさん、ちょっと抽象的な質問かもですが、よろしくです!
TWITTER+SHAKAMUSIC
チケット予約はこちら
新しい記事
月別アーカイブス
エディター
とし
twitter メリシャカサイト用mixiロゴ.gif メリシャカサイト用facebookロゴ.gif

お問い合わせ
メルアド.gif