インドでよく走っている自動車は?

インドの車といえば、先日発売されたタタ・モーターズ社の小型車NANO。さらには、タタ社が英国の自動車メーカーのジャガーを買収したことで有名になりました。。


アッと驚くインド旅行記

インドに旅をする際に、まず注意を受けることがある。
それは、現地の水を飲んではいけないこと。
もし、水を飲んでしまうとお腹の調子が・・・。
水が×なので、氷も×、生野菜も×、油断をして歯磨きの時に水道の水を使っても×である。

インドの旅先でのこと。
夜みんなでお酒を飲んでいた、インドではインドビール(キングフィッシャー)やウォッカをよく飲む。先輩のお酒のサーブをしていた私。先輩が飲むお酒を変えるというので、洗面所にてコップを洗い、新しい飲み物を注いだ。すると、翌日先輩は寝込んでしまった。
なぜか?
答えはコップを洗った時、水が少し残っていたのである(スイマセン)。
それだけでも、敏感な人は体調を崩してしまう。

外務省のホームページにも、インドでは水はボトルの水を注文するようにしてください、との注意書きが。

インドの水を飲むと、体調を崩すということの原因について、インドの水は硬質であるが、水質にはそんなに問題はないと聞いたことがあった。改めて、その原因を調べてみるとネット(インドでの暮らし インドの水道編)に詳細に説明されていた。

インドに限らず大陸国の水道は硬水が多く、水分中に鉱物質が含まれていることが多い。
そのため、シャワーの小さな穴などにこの鉱物質がこびりついて詰まることがある。ホテルによってはシャワーの噴出し口(数十個の小さな穴)の半分以上が目詰まりして、水が出てこないこともある。コップを水道水で洗って乾かすと、コップの内側に白い粉がうっすらと付着していたりする。バスタブに水を溜めると鉄分を含んだ赤い水(鉄管の錆?)が出ることも度々である。日本の地形のように、海と山が接近している場合は、降った雨が急傾斜の川をさっと流れ、長く留まることなく海に注ぐので、川の水も比較的きれいである。しかし、大陸では川の傾斜がゆるく、流れているのかいないのか、よく分からない程にゆったりとしているので、水も汚れ易い。「流れる水は清し」と言われるが、その逆は「留まる水は不潔」である。従って、インドでも殆んどの地方で、水道水は煮沸しなければ飲めない。ウッカリ生水を飲めば、即、下痢をする。ホテルのバーでも、ウイスキーの水割りには注意してミネラルウオーターを使うが、ウッカリ入れてもらった氷が実は水道水で作られており、これが原因で下痢をすると言ったこともあり、なかなか油断はできない。

つまり、インドの大陸の地形によって水は硬質となり、慣れない日本人の身体には合わないとのこと。

インドに旅をするときはペットボトルを購入して下さい。
時には、新品のペットボトルと思い購入したキャップが開いているものもありますのでご注意を。

アッと驚くインド旅行記

昨年にインドにての旅でのこと。

インドの仏跡ツアーの中盤戦。少し疲れがたまってきた頃だった。

メリシャカ!

大理石でできたお城タージマハールを裏から見学。

移動の車の中で、友人Aくんがマンゴージュースを飲むと、お腹の調子の調子が悪くなってきた。添乗員のマルさんが現地インドの薬を取り出した。これは胃腸に効く薬です、濃い緑色の錠剤の薬。みんなの胃腸も疲れてきているでしょう、インドの薬は効き目も強いので半分でイイですよと、言われるままにみんなで飲んでみた。すると、体調を崩していた友人の症状がさらに悪化、お腹を抱え込みながら本格的に苦しみ出した。

これは一大事と近くのホテルに駆け込み、ロビーでお医者さんを呼ぶことになった。
待つこと20分。
ピーポーパーポーと救急車が来るのかと思っていた私の思いをよそに、
スーツを着た二人組がやってきた。

聞いてみるとお医者さんだということ。
診断をするとすぐに太い注射器を一本取り出した。そして、お尻を出して下さいと。友人Aくんは高級ホテルのロビーでお尻を出し、太い注射器の針が突き刺さった。しばらくして、友人の体調は元通りになった。

先日読んだ本にこんな話が載っていた。
親子でのインドの旅。娘さんの体調が悪くなり、国立病院へ急いだ。
そこに到着すると、エレベーターもない7階建ての薄暗い建物。診療まで待たされ、やっとの診療を受けると、血液検査のため注射をすることに。しかし、注射器をみてみるとさっき使っていたものを取り出した。それは使い回しですねと聞くと、いや煮沸消毒をしているから大丈夫ですという返答が返ってきた。
慌てて、私立病院に行ったと言う話があった。
国立病院は無料の病院であり、旅行者は私立病院に行くのだそうだ。

日本での充実した医療システムになれている私たちにとって、
国立病院と言えば、近代的な医療設備が整っていると思ってします。

外から見てみると気付くことがある。
改めて日本の医療システムの充実ぶりには感謝です。

アッと驚くインド旅行記

インドに行って驚くこと、それは食生活の違いである。

先日、テレビ番組で世界各地の人が朝食に何を食べるのかという特集があった。
で、インド人はやはり朝食はカレーなのかと、一軒一軒たずねていた。
驚いたことに、ほぼ100%インドのご家庭でカレーを食べていた。
さすが、インドカレーの元祖。

私たちが、インドに観光で行った私たちが気をつけなければならないことがある。
まずは、生水を飲んでいけない。なので、氷も駄目。
乾期には40度を超えるインド、レストランでつい氷の入った冷たいドリンクを飲みたくなるが要注意。
また、露天の揚げ物も要注意。何度も何度も揚げてある。
衛生的にはいい環境とはいえないので、お気をつけください。



そんなインドにて絶対にやってはいけないことがある。
それはインド人に牛肉や豚肉を無理やり薦めてはいけないこと。

インドの中で、
80%はヒンドゥー教徒、牛を食べてはいけません。
15%はイスラム教徒、豚を食べてはいけません。

イスラム教は「コーラン」の中に豚を食べることが禁じられている。

では、なぜヒンドゥー教では牛を食べてはいけないのか?
牛は農耕をする時の働き者。また、牛の糞は乾燥させると燃料となる。
共に生きていく中でとても大切な生き物であり、神格化されたという説がある。
今では町中には至る所に牛が歩いている。


メリシャカ!


面白い説もあります。
これは、インドの添乗員さんから聞いた話です。
その方も、なぜ牛は神聖な動物なのか、いろいろな書物を読んで調べたそうです。

彼の説によると、インドにはたくさんの人口がいる。
その人達が牛を食べたらすぐに牛がいなくなってしまう。
働き者の牛である。食べてはいけない、神聖な動物だからとなったのではないかと。
インドの人口は11億人。妙に納得してしまう。。


そのため、インドにもマクドナルドがある。
マックの定番商品はハンバーガー。
日本ではハンバーガーは牛肉で作られておりますが、上記の通り牛肉を食べないインド。
インドで有名なのはマハラジャバーガー、これはマトン(羊)が使われています。

メリシャカ!

メリシャカ!

美味しいですよ。

インドの友人が日本に来たときの話。
彼はヒンドゥー教徒。
スーパーで買い物をする時、調味料に牛が使われていないかチェックしていました。

食生活には気をつけましょう。。

アッと驚くインド旅行記�

前回に続きインドの列車編。
列車の中でのアッと驚く出来事を紹介します。


アッと驚くインド旅行記

前回ご紹介したように、インド国内移動は夜行列車・急行列車が多く、
そこではいろいろな事件が発生します。

寝台列車に乗ると、そこには数枚の毛布が置いてありました。
それをかけて寝て翌朝目を覚ますと、ダニに噛まれ、肌が真っ赤になっているということも。


今回の話は、初めてインドを訪問した時のことです。

デリーから祇園精舎に行くため初めて夜行列車に乗りました。

ワイワイドキドキ、列車での車内食。

アッと驚くインド旅行記

この写真が車内食です。
やはりインドカレー、めっちゃうまい。

夕飯を食べて明日に備えて寝ようとしていると、
参加メンバーの一人の女性から「痴漢がいる」という声が聞こえてきました。

痴漢?

話を聞いてみると、列車の通路は狭く、すれ違う駅員に胸をさわられたとのこと。
しかも、それが一度ではなく何度もあった。これは、故意であると。

現地添乗員に相談すると、車掌さんに通報しましょうということになりました。
同じようなことが繰り返されてはいけませんから。



明朝、目的地の駅に到着。
痴漢の犯人をを捜し出すがどこにもいない?
どこを探してもいない。
逃げてしまったのかと思うと、やっと発見。
トイレの中に隠れていました。

ホームに連れ出された彼。
そこに、現地の警察官が駆けつけてきました。
すると、いきなりバチっと彼を平手打ち。
彼の頬が揺れるのがわかるくらい強烈な平手打ち一発。
引き続き、数発の平手打ち。

彼は、ただただ謝るばかり。

話し合いの末、女性の方に謝りなさいということに。
彼は跪いて女性の靴を触ろうとしました。
その行動に驚いた彼女はさらに蹴りを一発加えました。

しかし、後々聞いてみると。
インドでは、靴を触るという行為は敬意を示す気持ちを表現しているのだそうです。

世界各地にそれぞれのルールはあり、それを知らない人には通じないことがあるようです。
しかし、痴漢をすることは、世界どこにいってもやってはいけない行為であることは間違いありません。


TWITTER+SHAKAMUSIC
チケット予約はこちら
新しい記事
月別アーカイブス
エディター
とし
twitter メリシャカサイト用mixiロゴ.gif メリシャカサイト用facebookロゴ.gif

お問い合わせ
メルアド.gif