アッと驚くインド旅行記

インドに旅をする際に、まず注意を受けることがある。
それは、現地の水を飲んではいけないこと。
もし、水を飲んでしまうとお腹の調子が・・・。
水が×なので、氷も×、生野菜も×、油断をして歯磨きの時に水道の水を使っても×である。

インドの旅先でのこと。
夜みんなでお酒を飲んでいた、インドではインドビール(キングフィッシャー)やウォッカをよく飲む。先輩のお酒のサーブをしていた私。先輩が飲むお酒を変えるというので、洗面所にてコップを洗い、新しい飲み物を注いだ。すると、翌日先輩は寝込んでしまった。
なぜか?
答えはコップを洗った時、水が少し残っていたのである(スイマセン)。
それだけでも、敏感な人は体調を崩してしまう。

外務省のホームページにも、インドでは水はボトルの水を注文するようにしてください、との注意書きが。

インドの水を飲むと、体調を崩すということの原因について、インドの水は硬質であるが、水質にはそんなに問題はないと聞いたことがあった。改めて、その原因を調べてみるとネット(インドでの暮らし インドの水道編)に詳細に説明されていた。

インドに限らず大陸国の水道は硬水が多く、水分中に鉱物質が含まれていることが多い。
そのため、シャワーの小さな穴などにこの鉱物質がこびりついて詰まることがある。ホテルによってはシャワーの噴出し口(数十個の小さな穴)の半分以上が目詰まりして、水が出てこないこともある。コップを水道水で洗って乾かすと、コップの内側に白い粉がうっすらと付着していたりする。バスタブに水を溜めると鉄分を含んだ赤い水(鉄管の錆?)が出ることも度々である。日本の地形のように、海と山が接近している場合は、降った雨が急傾斜の川をさっと流れ、長く留まることなく海に注ぐので、川の水も比較的きれいである。しかし、大陸では川の傾斜がゆるく、流れているのかいないのか、よく分からない程にゆったりとしているので、水も汚れ易い。「流れる水は清し」と言われるが、その逆は「留まる水は不潔」である。従って、インドでも殆んどの地方で、水道水は煮沸しなければ飲めない。ウッカリ生水を飲めば、即、下痢をする。ホテルのバーでも、ウイスキーの水割りには注意してミネラルウオーターを使うが、ウッカリ入れてもらった氷が実は水道水で作られており、これが原因で下痢をすると言ったこともあり、なかなか油断はできない。

つまり、インドの大陸の地形によって水は硬質となり、慣れない日本人の身体には合わないとのこと。

インドに旅をするときはペットボトルを購入して下さい。
時には、新品のペットボトルと思い購入したキャップが開いているものもありますのでご注意を。

コメント








   
TWITTER+SHAKAMUSIC
チケット予約はこちら
新しい記事
月別アーカイブス
エディター
とし
twitter メリシャカサイト用mixiロゴ.gif メリシャカサイト用facebookロゴ.gif

お問い合わせ
メルアド.gif