クチコミに潜む毒

新年一発目は久しぶりの「シャカ斬り」から参ります。
 
最近、ネットを見ていると「ステマ」という言葉が飛び交っています。見慣れないこの言葉、「ステルスマーケティング」の略語で、消費者に広告と分からないように宣伝をするというやり方だとか。

例えば、有名人のブログなどでとある商品を使って、それが良かったよ!という記事があったとします。これは一見すると広告ではなく、有名人の日常の一コマを描いたようなものに感じられます。しかし、同じ商品が他の有名人のブログでも取り上げられ、その文章が同じようなものだったとしたら?そこにはある「意図」が感じられます。そう、それが一つの宣伝なのです。

 

他にも最近、飲食店を紹介する某サービスにおいて、「クチコミ」の評価を上げるための業者が存在する、ということが発覚し、問題となりました。所謂「ヤラせ」です。「ステマ」とは一種のヤラせです。宣伝方法として効率の良さそうな方法である反面、それが「ステマ」であると発覚したときには、「ヤラせ」と受け取られ、一気に信頼を失いかねません。


「クチコミ」ということも、便利な半面、恐ろしい部分もあります。ネットを使って物を売り買いするサービスが増える中、実際に商品に触れないまま買い物をする時に、「クチコミ」は大いに参考になりますし、たくさんある飲食店を探すときにも、クチコミの評価の高いお店=美味しいかったりサービスが良い、という事で、参考にしたこともあります。しかし、それはあくまで「クチコミ」が善意のものである、という前提の上で成り立つ信頼です。


善意の「クチコミ」とは、良かった商品やお店を、他の人にも勧めたい、というものや、あるいは自分がした失敗を他の人にしてほしくない、というスタンスで書かれたものです。しかし、そうではないケースも多々あります。

特に批判的な「クチコミ」に多いのですが、自分が味わった不快感をこれでもかと書き連ね、他の人に自分と同じ気持ちになってほしくないという善意よりも、単に鬱憤を晴らすかのような悪意に満ちたものもあります。

あるいは逆に、良い評価であったとしても、上に書いたようなヤラせ、サクラによる「ステマ」の可能性もありますし、悪い評価がひょっとしたら良いお店への「やっかみ」から書かれる可能性だってあるわけです。そんなことを考え始めると、どの「クチコミ」を信じて良いものか、わからなくなってきます。


今度は逆に、なぜ人は「クチコミ」を書きこむのでしょうか。それは「慢」という心があるからです。良いものを勧めることは、いわば「私はこんなに良いものを知っている!」ということをアピールすることであって、それによって自分を高めようとすることでもあります。逆に、批判的な態度を取ることは、「私は良いものを知っているから、良くないものも正しく評価できる」ということをアピールし、それによって自分を高めようとする行為です。良い評価をするのも悪い評価をするのも、その根底には自分は「良し悪しが分かる人間ですよ」という「慢」の心が、実は潜んでいるのです。


「クチコミ」というのは、いわばその人の「慢」の心を利用したやり方で、書き込む側の、他を評価することで自分を高めたいという「慢」の心を満足させると共に、それを今度はサービスに転化して消費者の購買につなげていくというもの。実に巧みな戦略です。

しかし、物事の「良し悪し」ということは、人それぞれに感じ方が違うもの。自分にとってそれが良いか悪いかは、実際に使ってみなければわからないものです。「クチコミ」は確かに知らない物を買うときに参考になるものですが、悪意ややっかみ、利益を得るための策略、「慢」という心など、様々な人の思惑という「毒」が混在していることに注意しなければなりません。


そして、つい「アレは良かった」「アレは悪かった」と言いたくなってしまう私の心にも、「慢」の毒が潜んでいることを気をつけなければなりませんね。

コメント








   
TWITTER+SHAKAMUSIC
チケット予約はこちら
新しい記事
月別アーカイブス
エディター
とし
twitter メリシャカサイト用mixiロゴ.gif メリシャカサイト用facebookロゴ.gif

お問い合わせ
メルアド.gif