本堂建設しちゃった 建設篇1【本堂の跡地は畑に!?】

今回から建設篇に入ります!!

2015年11月に解体が終わり、12月に起工式をした。本堂建設に向けて着々と前進している。
ただ、年末年始、全く動きはない。

 

更地になっても除夜の鐘はしますよ。その準備風景。

IMG_6584.JPG
更地の日々が続く。雪が積もることも。
IMG_6736.JPG

 

1月下旬になって更地から動きが出た。2016年1月26日、基礎工事が始まる。
基礎工事は今後300年400年使っていくことを考えると、とても大事なところである。前の本堂も見た目はまだまだ古さを感じなかったが、基礎部分があまりに危うい状況になっていて、350年近く経過していることから建て替えになったという経緯もある。


ここ数年、地震のことも気になる。耐震も含め、地盤の状況も下調べしてもらった。

熊本地震のあと、断層がどのあたりにあるのかすごく気になり始めた。うちの近くにも岩国断層というのがある。その断層がどのあたりにあるのか、どのくらいの割合で地震が起こるのか(起こる割合はあてにならないけど)、ネットで調べることが増えた。
ただ・・・検索してもなんとなくの場所しか分からない。グーグルマップのように拡大ができるといいのに!!数百メートルくらいの誤差だと気になってしょうがないよ・・・。

 

基礎工事始まったなーとしばらく見ていたけど、畑を開墾しているの?と思うような風景になった。少し盛り上がったようなのが広がっている。

畑かと思ったところ。
IMG_6764.JPG

畑の盛り上がったのが角ばってきて上にさらに盛り上がってくる。2月に入ると、コンクリートを流し込む作業を何回か行った。

そのコンクリートを流し込む作業は、大掛かりな作業である。ちょうどその日はうちのお寺を会場として研修会をすることになっていた。しかもその研修会の講師はボク。
こんな自作自演な研修会だけど、県内から門徒さんが集まる。重なる時には重なるもんやね。


少しずつ変わっていく様子。
IMG_6769.JPG

 

IMG_6773.JPG

 

IMG_6795.JPG

 

IMG_6786.JPG

 

IMG_6849.JPG

 

IMG_6941.JPG


その基礎工事をしている最中、ちょうど九州・佐賀県では建設業者さんの木工所で木材の切込みを行っているとのこと。
父親や建設委員のメンバーの一部は契約する少し前に業者さんを訪問し、木材の様子を見学している。ボクはまだ行ってないぞ!!

これは見に行かないと!!てか、行かなきゃ!!

ということでお参りがない3月のある日、九州へと向かった。そのことは次回に。

TWITTER+SHAKAMUSIC
チケット予約はこちら
新しい記事
月別アーカイブス
エディター
とし
twitter メリシャカサイト用mixiロゴ.gif メリシャカサイト用facebookロゴ.gif

お問い合わせ
メルアド.gif