本堂建設しちゃった 建設篇4【上棟式当日。】

上棟式の2週間前くらいから天気予報が気になってしょうがない。くしくも上棟式の日はすでに梅雨入りしていた。この時期の天気は梅雨前線の状況によってころころ変わるので数日前の発表を鵜呑みにはできない。当日のその場になってみないと何とも言えないのだ。

 

数日前からの天気予報では晴れ!とまではいかないが、曇りで雨は降らなさそうなかんじだった。降水確率も微妙な30%〜50%くらいをいったりきたり。
もう当日の出たとこ勝負みたいに思っとかないといけないよなぁ。

 

2016年6月5日(日)、前日は雨が降ったが、早朝からは霧雨。雨雲レーダーを見ると9時過ぎにはなくなる予報。10時からの上棟式ではおそらく大丈夫そうだ。ここまで一生懸命準備してきたし、雨が降ったら台無しだよな。DSC_0598.jpg

10時。霧雨も気にならなくなった。上棟式開始!

 

●お勤め その最中に順次お焼香してもらう。

DSC_0602.jpg
●住職・建設委員長・建設業者さん挨拶
●工匠(こうしょう)の儀→建設業者さん主導で進めていく3つの儀式。
 ・曳綱(ひきつな)の儀:棟木にくくりつけられた紐をその場にいる人みんなで引っ張って引き上げる。行為としては地引網をみんなで引き上げるようなもの、と言ったらいいだろうか。

DSC_0604.jpg
 ・槌打(つちうち)の儀:みんなで上げた棟木を屋根最上部分にいる大工さんが打ち付ける作業。

IMG_7329.JPG
 ・撒餅(さんぺい)の儀:餅まき。皆さんに撒く前に、角餅を落とし、そのあとに4か所同時に撒いていく。いざ、撒き始めるとほんの10分か15分で終わった。5俵があっという間だった。せっかくなので餅まき4カ所の様子を。(餅のついては前回参照)

IMG_7346.JPG

 

IMG_7344.JPG

 

IMG_7343.JPG

 

IMG_7341.JPG

 

餅まきを上から眺めるとこんなかんじ。なかなか見れるアングルではないね。

DSC_0612.jpg

実際には曳綱の儀で引っ張る綱の先には棟木はつながっていない。本当につなげて上にあげるというのは現実的ではないためだ。でも、みんなで綱を引っ張るということで、今までの工事のこと、そしてこれからの工事の思いを共有できるようにも感じた。

 


後から聞いた話だが、上棟式に来られた方は約400人とのこと。すげー!!
でもって角餅の引き換えもすべて来られたようだ。角餅をゲットした何人かとお話したが、鏡餅ほどの餅を抱えて大喜びしておられた。いやーこの笑顔のためにやってきたようなものだよね。

数か月かけて準備してきた上棟式もこれで終わり。建設委員さん、建設業者さん、そして餅まきに来てくださった方々、ありがとうございました!!

 

最後の写真は上棟式の時に掲げてあったもの。末代までの願いを感じるね。

IMG_7300.JPG

TWITTER+SHAKAMUSIC
チケット予約はこちら
新しい記事
月別アーカイブス
エディター
とし
twitter メリシャカサイト用mixiロゴ.gif メリシャカサイト用facebookロゴ.gif

お問い合わせ
メルアド.gif