本堂建設しちゃった 建設篇7【様々な職人さんの手によって(10月〜2月)】

2016年10月・11月とボクは不在がち。長期で出かける朝は必ず本堂の様子を見て、大工さんたちに「ではよろしくお願いします!」と声かけていた。瓦にも挨拶を(笑)

IMG_7725.JPG


この頃は見た目はそんなに変わらない。が、細かい部分が少しずつ変化していく。
そして決めなければいけないことがどんどん出てきたのもこの時期である。
・トイレの壁
・和室の壁
・便器の色
・外壁の色
・金具の色
この中で特に大変だったのがトイレの壁。電話帳の倍くらいある厚さのサンプルから選んで!と。ざっと見て200種類以上はある。壁のサンプルが2センチ角で貼ってあるので重いし、どれがいいのかも全く分からない。
とりあえず無難で飽きがこない色はどれか、という基準で探す。
時間あればサンプルを持ってはトイレ行き、サンプルの色と照らし合わす。

 

うーん、どれがいいんだか。

その繰り返しが続き、だいたいの目星をつけておいて、また布教で長期不在。でも!いろんなお寺さんに伺うなら、トイレや他の建築の様子を見てればいいじゃん。
一旦保留にさせてもらった。

 

戻ってすぐ、トイレの壁の色を決めたのを皮切りに、上記のあちこちの色・柄を決めることに。現場監督に「打ち合わせいいですか?」と言われると、また宿題だ…と不安になる。

パッと決めたらいいけど、自分の趣味だけで決めるのは数百年先のことを考えるととてもできない。ここに優柔不断がくっきりと顔を出していた。

それと並行して、大工さんは半分は山口で木工事、半分は佐賀で木材加工の生活に。大工さんたちはちょこちょこ生活が変わるし、組み立ても加工も正確さが求められる。

建設中の内部を何枚か。床がまだ入っていない。

IMG_7727.JPG

 

将来、通路になる部分。

IMG_7731.JPG

 

ご本尊を安置する内陣部分。

IMG_7735.JPG
体力的にも精神的にも強靭な体なんだろうなーとつくづく思う。

10月以降はいろんな職人さんが出入りされた。板金屋さん、塗装屋さん、電気工事屋さん、左官屋さん、多い時は10人くらいか。大変なのはお茶やお菓子。今日は何人!?それとなく目視して準備をする。

仕上げの段階の前に大工さんたちは引き揚げていくので、1月中にはどうやらお別れなのでは、という計算に。なんか寂しすぎる。。。

 


10月〜1月までは外観の大きな変化はない。
大きな変化と言えば、正面あたりの足場が無くなったことと左官さんが壁を塗っているくらい。12月に入ると作業に来られる職人さんは数人くらいに。なんだか寂しいなぁ。

この棟板が見えるのもこの時だけなんだなぁ。

IMG_7743.JPG

 

年明けに石が敷き詰められてちょっと本堂の向拝(本堂正面の階段部分)がそれっぽくなってきた。
この頃もちょこちょことサンプルから選ぶことがあった。トイレの便器の色、ふすま紙のパターン、畳の縁の色、トイレの天井の色、うーん他にもあったかな。
そして現場監督は山口県内の他の現場と掛け持ちになり、佐賀県⇔(山口県)岩国市⇔(山口県)山陽小野田市を行ったり来たりしておられる。現場にいるより、移動の方が長いのではと思うほど。

 

 

最近になってびっくりしたことがあった。
いろいろな職人さんが来られる中で電気工事の方もちょこちょこ来られる。いつも1人でフラッと来られてはいつの間にか帰っておられる。
立ち話をすることがあり、いろいろ聞いていると、他の工事の合間をぬって電気工事をしているらしい。この壁を塗る前に作業しとかないと!ここの木材を加工する前に作業しとかないと!というタイミングを見計らってちょこっと作業しては帰られるとのこと。
ということは、建設工程をちゃんと把握していて、どのタイミングでどの作業をするべきなのかちゃんと見極めておられるということ。すごい、プロだ!話をする限り、ベテランなのに腰も低く、いつもニコニコしながら対応してくださる。ホントこういう姿勢はどの職業にも当てはまることだよね。勉強になります。

 

 

もう1つびっくりしたことがあった。10月後半から12月前半にかけて作業されていた板金屋さん、ボクと同い年!そして共通の友人も

IMG_7845.JPG

以前、現場監督とは同い年で共通の友人がいることを書いたが、その友人と板金屋さんも中学の同級生とのこと。友人(佐賀県のお坊さん)を介して現場監督と板金屋さんがつながるとは!

 

板金屋さんから頂いたツル。

DSC_1017.jpg

こんな丁寧で見事な仕事をされる板金屋さんが作業されたのだと思うと、すごくうれしくなる。

2017年2月。ひっさびさに大工さんが2日間だけ来られて少し作業。またすこし期間置いてまた来られるとのこと。次ということは最終的な縁側部分の作業かな。

TWITTER+SHAKAMUSIC
チケット予約はこちら
新しい記事
月別アーカイブス
エディター
とし
twitter メリシャカサイト用mixiロゴ.gif メリシャカサイト用facebookロゴ.gif

お問い合わせ
メルアド.gif