本堂建設しちゃった 法要篇6【じゃじゃーん、落慶法要当日 1日目】

2017年11月4日(土)、いよいよ法要を迎えた。

お寺によって法要の日程はいろいろあるが、うちのお寺では以下のように予定を組んだ。

 

11月4日(土)
おとき(ランチ)12時より
昼席 13時〜 お勤め・法話
夜席 19時〜 お勤め・法話


11月5日(日)
朝10時より稚児行列→96名参加予定
本堂でお勤め・記念式典 法話なし。
12時より祝宴。

 

 

9時ごろになると、係によっては集合時間になっているのでスタッフの方がポツポツと集まり始める。
近隣のお寺さんや親戚寺院も来られるので、そのお出迎えもあるし、時計を見ながら行動する。

 

11時。弁当120個届く。スタッフの方は先に食べて参拝者のお迎えに備える。配膳する接待係は届いた数分後には食べられるように机にセットされ、スタッフがどんどん席に着く。

 

12時。参拝の方々が続々集まり始め、おときを食べ始める。問題があったらどこからか報告があると思うがそれが全くない。ということは上々のすべり出しということか。それと同時に梵鐘が鳴る。
行事が始まる1時間前に鳴るが、これもスタッフの方にお願いしてある。

 

13時。総代長代理(副総代長)の挨拶のあと、喚鐘が鳴る。喚鐘はお勤めが始まる時に鳴らすもので、それに合わせて雅楽(うちではCDで対応)の演奏を流しながら僧侶が内陣に入堂する。
1回目のお勤めではお供えをお寺の世話人さんに運んでもらう。献花(けんか お花)・献灯(けんとう ロウソク)・献香(けんこう お香)・供飯(ぐはん 白米)・供物(くもつ お供えもので今回はお餅)を順に世話人さんが皆さんの座っている間をゆっくり歩きながら内陣に運び、お供えをする。
ただ歩くだけではなく、足の動きにも作法があり、左・右・左・足を揃える、を繰り返しながら進む。うまくいかないと、右手を右足が一緒に出たりして失敗した行進みたいになってしまう。皆さん前日に練習したのを思い出しながら頭で左・右とつぶやきながら進んでいるようなだった。

 

お供え物を運ぶ様子。

IMG_9085.JPG

 

そして13時からのお勤めは、途中で行道(ぎょうどう)といって、座って読経するだけではなく、立ち上がって内陣をぐるぐる歩くという作法もすることになっている。
これは僧侶でも練習しないとなかなかうまくいかないことがあるので、事前に集まって練習することもあるが、うちの地域では練習するという習慣がない。ぶっつけ本番なのだ。なんだか心配だなぁ。

 

直前の打ち合わせ。ここで初めて行道のタイミングも話す。

20171105_091628.jpg

そんなボク自身も心配な1人である。作法や声明は得意ではないので、自分の中でシミュレーションしないと不安になる。実は数日前からこそ練していた(笑)

 

 

グダグダにあるかと思いきや、最後に戻ってくるとばちっとみんなもとに戻っている。本番に強いなー、皆さん。

 

 

そして休憩を挟んで90分の法話。今回のご講師は父親のように慕う先生で、大阪からお呼びした。実はオファーした時はすでに他のお寺の布教が入っていたが、本堂新築落慶法要という記念すべき法要ということで、わざわざ他の布教を断ってまでうちの予定を入れてもらった。

 

布教使がすでにアポ取っている布教をそのような理由で断るということは、信用問題にも関わってくるため、まずやってはいけないこと。他の仕事でもそうではないだろうか。大事なアポあるにも関わらずこっちのオファーあるからこっちを入れますと言ったら、まず激怒されるだろう。

 

そこまでしてうちに来ていただいた。そして、その先生、腎臓移植をしておられ、食事や体調にも気遣いが必要な身。生涯足を向けて寝れません!!

 

法話の様子。

IMG_9090.JPG

 

15時すぎに法話も終わり、16時からは稚児行列の貸衣装の配布。当日の朝配布もいいけど、それでは混雑するので、うちでは前日に配布・着付け指導をして、当日は家から着てきてもらうようにしている。もちろん、遠方からの方は当日配布もしている。
今回は96名の参加。そのうち70名近くが前日配布に来られた。歩ける世代から小学校の真ん中あたりの世代まで参加できるが、1歳2歳くらいだと前日に渡しておいた方がお互いに合理的である。

 

そして夜も同様にお勤め・法話。読経は行道はせずに、参拝の皆さんと一緒に拝読できるよう、「正信偈(しょうしんげ)」を拝読し、僧侶も座ったままでお勤めした。

 

法話も終わり、1日目の日程は終了。。

ご講師は無理やり予定に入れてもらったので、強行軍での移動が待っている。新岩国駅を21時50分に出て岡山駅まで新幹線で移動、そののち寝台特急に乗り換えなければいけない。ということは絶対新岩国駅に送るのに遅刻は厳禁である。
次の日は埼玉で朝から布教とのこと。ホント大丈夫かなぁ、先生。

 

弟に送迎をお願いしたが、ちゃんと間に合ったようだ。いよいよ明日は法要のクライマックスとも言える稚児行列!

TWITTER+SHAKAMUSIC
チケット予約はこちら
新しい記事
月別アーカイブス
エディター
とし
twitter メリシャカサイト用mixiロゴ.gif メリシャカサイト用facebookロゴ.gif

お問い合わせ
メルアド.gif