本堂建設しちゃった 鐘楼篇4【サイドストーリー 梅雨末期の豪雨】

(2018年)7月に入ると、鉄板が来た。境内の敷石を保護するためである。

本堂建設のときの現場監督も雨の中やって来て、カッパ着用で作業してくださっている。これが7月6日の午前中。

 

前回の写真を再び。

雨の中鉄板設置作業.JPG


この雨よう降るわーなんて監督と話してたけど、これはまだ序の口だった。
7月6日深夜〜7日早朝にかけて叩きつけるような雨音になり、7日午前3時頃、お寺のすぐ前にある防災無線から何か聞こえてくる。
「●●地区の方は避難指示が出ました。・・・」台風並みな警戒が必要そうだな。

皆さん覚えておられるだろうか。2018年7月6日〜7日にかけて西日本の広域で発生した大雨。被害は広島県を中心とした報道がされていたが、山口県東部でも被害が多数あった。

そして、獺祭という日本酒をご存知だろうか。その酒蔵はうちのお寺から10分ほどであるが、その周辺はかなりの被害になっていた。

 

災害から数日後の酒蔵。左側のビルでお酒をつくっている。
20180709_100127.jpg

 

酒蔵を反対側から。右が酒蔵で、左の流木に埋もれているのは直売所。

20180711_164448.jpg

 

 

獺祭酒蔵からすぐ近くのお寺さんは、高台にあるにもかかわらず、床上浸水したとのこと。というのも、裏山からの水が押し寄せてきたからが原因らしい。土砂崩れの大水バージョンと言ったところか。

 

実際にうちのご門徒も床上床下浸水・家屋倒壊・避難などなど被災されている方が多数おられる。

 

えぐれた川岸。この付近のお宅で2019年1月現在、親戚のところで避難生活しておられる方もおられる。

20180709_104512.jpg

 

上の所の手前付近。車はかろうじて通れる。(今は復旧)

20180709_103606.jpg

 

斜面が崩れている。この先に門徒さんのお宅も。(2019年1月現在も完全復旧していない)

20180713_152220.jpg

 

うちは高台にあり、すぐ後ろに新幹線があり土砂崩れがあったとしてもそこで堰き止められる地形なので、被害はなし。むしろ避難所になりそうな場所である。

 

TVを見ていて思ったのが、一番被害が大きいところ・有名な地域の報道はされるが、それより被害がそれよりは少ない地域や島しょ部はあまり知られていないということ。
それを被災した地域にいてまず思った。

 

 

それからすぐ大分の友人が大きな段ボール2箱分のタオルを送ってくれた。しかも、あまり報道されてないけどけっこう被害出ているよね、と心配してくれて。
びっくりなのと嬉しいがいっぱいである。その後も何人かの友人がタオルや衛生用品を送ってくれた。

 

 

この場を借りて・・・「ありがとう!!」

 

 

それから被災されたお宅にタオルやウェットティッシュや除菌スプレーなどを持って行く。被災の度合いが高いお宅には2回伺い、まだタオルなど要る?と聞いて回る。
その際に、物資だけではなく、話を聞いてほしいという方も。被災されて思うところもあったり、恐怖や悲しみを話すことで少しでも和らいでもらったらいいな。

 

不通だった道路は続々と開通しているが、完全な現状回復まではどのくらいかかるのだろう・・・。
(2019年1月現在でも、避難生活されておられる方もおられ、復旧作業はまだあちこちで行われている。)

 

鐘楼の解体は7月9日から始まる予定だったが、その復旧作業の関係で解体業者さんはバタバタしているとのことで、1週間遅れの16日からになった。
復旧の方が優先であるし、それくらいの遅れは全然問題なし!

TWITTER+SHAKAMUSIC
チケット予約はこちら
新しい記事
月別アーカイブス
エディター
とし
twitter メリシャカサイト用mixiロゴ.gif メリシャカサイト用facebookロゴ.gif

お問い合わせ
メルアド.gif